ブロンドツインテな人物を探してひめドル!!を読むと面白かった

ブロンドヘアーツインテの王道キャラクターにふらっと付いていきひめドル!!を手に取ったワケですが、近くで見たら絵が微妙に思えました。それでも味わいがある感覚を感じたので、食わず嫌いはやめておき、何とかリーディングを初回だ。桐山??太郎という少年はハイスクールに入ったのですが、怪しい人といった俄然遭遇します。彼のわが家は美貌室で、資格がない桐山くんは雑用を通じていながらもおじいちゃんに憧れていたのです。とりあえず彼は理美貌学科へ入学として、ねっとり大きい学内で迷子状態です。東京ドーム200個分の学園とか、すでに意味がわからない等ですね。ちなみに敷地内には、主として自宅みたいな教え子寮とかスーパー並みの買上ビルなどがあるので、外へ出る不要ワールドとも言えます。桐山は訓練にたどり着いて席で隣席の同級生を待っていると、そちらへやってきたのは不良の女ボスでした。でも、この人、割と普通にお辞儀とかしてきて、何となく不思議な感じがしますね。それで結局、この辺りではどこがひめドル!!なのか謎の通り推移していました。ランチ時刻、おんなじ講座の男性から、不良の逆隣席にアイドルがいるという要覧をゲットします。理美貌科の面々を見ると、全員強者みたいでエライ面になっていました。例のアイドルは姿を見せないので、幾らか気になりますね。それで桐山陣はアイドル科を出向くといった、ヌルヌル心に響く歌声が聞こえて来ました。旦那がおんなじ講座のアイドルだと思っていると、何気に波乱が待っていたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です